草津温泉 後編


西の河原通りの途中にあるのがジブリグッズを取り扱う「どんぐり共和国」

IMG_5638.jpg

住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津504
電話 0279-88-5025
営業時間 9:00~18:00

どんぐり共和国は「となりのトトロ」、「魔女の宅急便」、「千と千尋の神隠し」、「崖の上のポニョ」

それに最新作の「風立ちぬ」まで、スタジオジブリ作品のキャラクターグッズを豊富に揃っている

ジブリが好きな人は足を運んでみるのも

IMG_5640.jpg

IMG_5641.jpg

「手作りがまぐち工房 櫻日和」

住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津506
電話 0279-88-5350

店の外からも可愛いらしい商品が立ち並び、女性には魅力的な店ではないだろうか

和を中心としたラインナップで一つ一つが手作り

その種類もまた豊富で大人から子供まで楽しめる

IMG_5655.jpg

押し売り饅頭でお馴染みの「長寿店」

住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津495−1
電話 0279-88-6661
営業時間 7:00~20:00

正に押し売りって言葉がピッタリで、草津の名物饅頭と言っても過言ではないかも

饅頭はあずき(茶皮+あずき餡)、栗(白皮+栗餡)、うぐいす(抹茶皮+うぐいす餡)の全3種類

饅頭自体も蒸したての熱々でなかなかおいしい

ただこっちに買う気がなくても昔ほどではないがセールス力がすごいんで、押しに弱い人は注意が必要かも(笑)

IMG_5656.jpg

「草津ガラス蔵」

住所 群馬県吾妻郡草津町草津483-1
電話 0279-88-0050
営業時間 9:00~18:00(体験受付~16時)

IMG_5657.jpg

温泉といえば温泉たまご

温泉街のいくつかの店で温泉たまごを売っているんだけど、どこかで作ったもので玉子が紙袋などで包まれたものを販売

「草津ガラス蔵」では草津で唯一の専用温泉で作られた温泉たまごが食べれる

源泉の中にじっくり入れることによって、たまごの中に温泉の成分が含まれてひと味違った温泉たまごに

IMG_5658.jpg

とろ~りとした半熟たまごの食感が楽しめておいしいし、温泉に来たらこれも楽しみのひとつ

IMG_5659.jpg

店内に入ってみると数千点のガラス工芸品が並び、グラスや酒器セットをはじめ、おみやげに最適な小物類も多い

津の湯の花と温泉を使用したオリジナル商品「草津温泉ガラス」は、湯畑をイメージさせるエメラルドグリーンが特徴

またとんぼ玉、アクセサリーの創作体験も出来ます


スポンサーリンク


IMG_5661.jpg

「西の川原公園」

草津温泉の西側に位置することでこの名前がついたとされています

付近一帯は上信越高原国立公園の特別地域に指定

河原のあちこちから毎分1,400リットルの温泉が湧き出し湯の川となって流れ出しています

人が少なく穴場スポットで足湯も楽しめるし、夜はライトアップされてカップルにもオススメ

IMG_5669.jpg

そして草津に来たら外せないのはやっぱり温泉で「御座之湯」に

住所 群馬県吾妻郡草津町草津421
電話 0279-88-9000
入場料 大人600円、子供300円

「御座之湯」は源頼朝が入浴したことから始まったと伝えられ、その時に頼朝の腰掛けた石が「御座の石」

入った湯を「御座の湯」と呼ぶようになったといわれている

「木之湯」、「石之湯」と趣の違うお風呂で、湯畑源泉と万代源泉の2種類の源泉

浴室は天井が高く、開放感があってとても広い

温泉も2つの浴槽があることで交互に入って楽しめるし、硫黄の香りも草津温泉ならでは

実際に入って温泉の違いを体感してみるのも

IMG_5671.jpg

草津は温泉街なのもあり色々と楽しめるし、群馬に来たらぜひとも行ってみて欲しい


スポンサーリンク




スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク