ミニ四駆 MAシャーシ 製作/セッティング


今回製作していくのが「アバンテMk.III ジャパンカップ 2015 リミテッド

img_0_m (1).jpg

MAとは「ミッドシップ エアロ」を略したもので、その名の通りモーターを車体中央に配置

空気抵抗を抑えるために、底面の形状はフラット

バンパー、リア、サイドステーを一体成形したモノコック構造を採用

車体剛性が高く、全長と全幅も長く設計されているので、ハイスピードでも挙動が安定

ホイールベースは80mm


スポンサーリンク


img_1_m (1).jpg

img_2_m (1).jpg

まずシャーシから製作

フロント、リヤバンパーの必要ない部分はカット

img_5_m.jpg 

駆動関係で交換したパーツは、重量がノーマルシャフトの2/3以下と軽量ながら強度は同等の「60mm中空ステンレスシャフト」

ベアリングは「AO-1011 620ボールベアリング」

また駆動効率の向上で「1.4mm中空軽量のプロペラシャフト」

img_7_m.jpg

続いてモーターとギヤ関係

「マッハダッシュモーターPRO」

「MSシャーシ用ギヤベアリングセット」

※交換することで駆動ロスを低減

電気抵抗が少ない「MSシャーシ ゴールドターミナル」

最後にブレークインを15分行い、グリスアップ

ここでシャーシの確認をしてみると、前後のタイヤの片方が浮いている状態

シャーシの歪みを疑い、新たにシャーシを組み直すと無事に解消

※調べてみるとシャーシ成形時に歪みが発生するみたいで、熱湯で多少は修正出来るとのこと

img_1_m (2).jpg

問題が解決したところでリヤ周り

「HG 13・19mmローラー用カーボンマルチ補強プレート(1.5mm)」「HG 軽量19mmオールアルミベアリングローラー」を脱脂して装着

※「プラリング付アルミベアリングローラー」の方が抵抗が少ない分速いが、安定性を重視して選択

img_2_m (2).jpg

サイド部分は「MAシャーシ サイドマスダンパーセット」に、低重心化をい3mmスペーサーを挟んで装着

img_4_m (1).jpg

フロント部分は「HG カーボンフロントワイドステー(1.5mm)」「軽量2段アルミローラーセット(9-8mm)」を組み合わせ、安定性を考慮してマスダンパーも装着

フロンと下ブレーキはリヤ同様に「HG 13・19mmローラー用カーボンマルチ補強プレート(1.5mm)」

img_6_m.jpg

シャーシの完成

ボディはトルクルーザー(カーボンパターン)


スポンサーリンク


img_3_m.jpg

そしてシェイクダウンに向かった先は、群馬県太田市にある「ガラクタ鑑定団」

コース全長は短いがアップダウン、ジャンプ台と高低差がありなかなか楽しめそう

img_4_m (1).jpg

1台で走らせても分かりづらいんで、以前組んだARシャーシを比較対象に

ARシャーシはパワーダッシュ、MAシャーシはマッハダッシュ

ギヤ比は同じ3.5:1

この組み合わせだとMAシャーシの方がストレートの伸びもあって速いし、素の状態だとMAシャーシに軍配が上がる



ブレーキのみの調整で安定してラップを重ねられたし、次回はセッティングを煮詰めていきます

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク