幸楽宛 味噌らーめん/餃子


今回はらーめんチェーン店としてお馴染みの「幸楽宛」

IMG_8553.jpg

昭和29年に福島県で創業

全国チェーンとまではいかないが東北、関東、甲信越、中部、近畿地方と幅広く展開

かっては好調であったものの業績不振のため赤字店舗が多く、値上げを実施

記憶に新しいのが2015年に幸楽宛の人気メニューの中華そば(税別290円)の販売を終了

新商品「醤油らーめん司」に切り替え、高価格路線に方向転換

度重なる値上げをしたものの、いまだにリーズナブルな価格設定なのもあり気軽に食べれる店

IMG_3487.jpg

らーめんは定番醤油の中華そば、味噌、塩、煮干し、つけめんの5種類

トッピングにセットメニューと豊富に揃っているし、値上げしたとはいえ440円(税込み)から食べれるのは魅力ではないだろうか

サイドメニューはスタンダードの餃子、にんにくフリーのベジタブル餃子、鶏から揚げの3種類

餃子が240円(税込み)で食べれるのはかなりお得だし、欲張りな人には2種の味が楽しめるハーフ&ハーフ餃子も

ご飯物は炒飯、チャーシュー丼プレミアム、チャーシュー丼、玉丼から選べるがこれまた安い!!

加えてデザートにドリンクも揃っているんで、家族連れでも安心して入れる店だと思う


スポンサーリンク


IMG_8555.jpg

まず最初に食べるのは「餃子」

早速一口食べてみると餃子の皮はパリッと、ニンニクも程よく効いてなかなかの味ではないだろうか

突出したおいしさはないけれど、値段を考えるなら十分満足できる

IMG_8556.jpg

「味噌らーめん」

具はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギの組み合わせ

チャーシューは噛み応えがあるが味はそれなり

メンマは食感が楽しめるし、ナルトも嬉しい演出でアクセントに

IMG_8558.jpg

スープを調べてみると、なんと年2万トンの原料から作るというからビックリ!!

鶏肉、豚肉、牛肉、野菜(玉ねぎ、長ねぎ、ニンジン、ニンニク、しょうが、セロリ、トマトなど)、鶏ガラ、豚骨などを前処理して、セントラルキッチンでクッキングミキサーに

そしてスープ(ブイヨン)の炊き出し工程

大型の調理釜で抽出してから、ろ過と濃縮

配合を行って理想のスープを作り上げ、出来上がったスープは冷凍保存

鮮度の高さを維持したまま日本全国に供給

それに「信州みそ」を合わせたスープは非常にマイルドで飲みやすく、また昔から食べているのもあって馴染み深い味

若干旨味にコクと物足りない部分もあるが、値段の安さとチェーン店として考えるなら悪くない

IMG_8559.jpg

中華麺用小麦粉の中でも品質の高い「天壇(てんだん)」を使用

しなやかな食感にもっちりとした食感が楽しめ、ちぢれ麺なのもあってよくスープにも絡む

最後にまとめるとコストパフォーマンスはかなり高く、提供スピードの早さもあってファーストフード感覚で気軽に入れる店

味と値段のバランスが良く、個人的には下手ならーめん屋で食べるよりおいしいと思う

ご馳走様でした

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク