ラーメン山岡家


今回は「ラーメン山岡家」

IMG_9955.jpg

「ラーメン山岡家」の歴史は1988年から

会社としては1980年に弁当のフランチャイズ会社として創業

近隣に弁当屋が開業し始め、他店競合が激しくなったこともあり他の業態を模索

現社長の山岡正が試行錯誤を重ね、豚骨を手間隙かけて長時間煮込んだ独自のスープもこの時に生まれた

記念すべき1号店は茨城県牛久市に開店

今では東日本を中心に、全国で150店舗以上も展開する大型ラーメンチェーン店

山岡家の特徴といったら、店の外はもちろん店内も豚骨臭がすごい!!

クセになる中毒性のあるラーメンを提供

24時間営業しているのも魅力のひとつで、全国のドライバーからも支持を得ている

IMG_9957.jpg

IMG_9961.jpg

スタンダードの豚骨ラーメンは醤油、味噌、塩の3種類

※他にも特製味噌、辛味噌、ウルトラ激辛ラーメン、スペシャルの「プレミアム塩とんこつラーメン」は固形の背脂がたっぷり入っている

つけ麺は醤油、味噌、辛味噌の3種類

サイドメニューはチャーシュー丼、ネギマヨチャーシュー丼、チャーハン、玉子かけご飯、山岡家特製餃子から

それに加えて麺増し、トッピングメニュー、限定メニューと豊富なラインナップ

※11:00~14:00(平日のみ)はお得なサービスセットも

また麺の硬さ、脂の量、味の濃さを自分好みに注文出来るのも嬉しい


スポンサーリンク


IMG_9964.jpg

「醤油ラーメン(税込み770円)」

具はチャーシュー、ほうれん草、ネギ、海苔の組み合わせ

早速肩ロースチャーシュー食べてみると、味付けは良いが食感がイマイチ

ほうれん草に海苔と箸休めになるが、具の満足度は個人的に低いといった印象

IMG_9966.jpg

厳選された惜しげもなく大量に投入したスープは、熟練職人の厳しい眼のもと丸3日煮込み続けてひたすら加熱

早速ひと口飲んでみると、独特の獣臭が漂い嗅覚を刺激

スープ自体はガツンと豚骨の旨味が味わえるが、独特の臭みが強く後味が悪い

好き嫌いがハッキリと分かれそうな特徴的なスープ

IMG_9968.jpg

麺は中太のストレート麺

もっちりとした食感にコシもありなかなかの麺で、濃厚な豚骨スープの味にも負けてない

ただ前記した通りスープのクセが強いのもあって、決して万人受けはしない店

個人的にはまずまずの及第点といったところだが、濃厚な味が好きな人にはオススメ出来るのではないだろうか

ご馳走様でした


スポンサーリンク




スポンサーリンク

  

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク