家庭菜園を始めてみよう!!


暖かい季節になったってこともあり、家庭菜園に挑戦してみることに

親戚の家が農家なんで幼少期は野菜と慣れ親しんできたが、野菜を育てることに関しては全くの初心者

家の庭は家庭菜園も出来るように花壇スペースを設けたが、スペースに余裕がない人は鉢やプランターでも代用出来る

家庭菜園をするのにも材料がないと始まらないので、向かった先は近くのホームセンター

家庭菜園を始めるのに必要なもの

IMG_1553.jpg

何も知らない自分は苗だけ買えば勝手に育つもんだとばかり思ってが、それだけではやはり足りない

では何を買えばいいの??

ってなると思うが、野菜栽培に必要な栄養分などがあらかじめ配合された「野菜用培養土」が重要になってくる

庭の土だと基本的な栄養分が不足しているし、仮に植えたとしても枯らしてしまうのがオチ。。。

選び方も質の良い培養土はそれなりの値段がするが、ここはケチらずに投資しておきたいところ

「肥料」についても野菜の生育に必要な成分

見ている人は学生時代に窒素、リン、カリウムが肥料の3要素として勉強したことがあるはず

多すぎると野菜に悪影響を与えてしまうし、もちろん少なすぎても野菜は育たない

家庭菜園で育てる野菜は種まき時期、植え付け時間、収穫時期をチェック

野菜も育つ時期と、育たない時期があるのでここも重要なポイント

※大抵は種まきや収穫時期などの表記があるはずだし、もしわからなくても店員さんに聞けば教えてくれるはず

また野菜も種から育てるか、もしくは苗から育てるのかも重要になってくる

種から育てる場合は芽が出ていないため、発芽させる必要があり時間がかかってしまう

苗から育てる場合は芽が出ており、数センチ葉が発育している状態

それもあって、種から育てるよりも時間的にも短縮できる

最初から観察しながらやってみたいって人は種から育てるのがいいと思うし、初心者の自分も含めて苗から育てる場合は失敗が少ないかも

実際に苗を植えてみよう!!

IMG_1667.jpg

手順として、野菜用培養土を花壇スペースに入れる

野菜の植える場所を決めて植える穴を掘るんだけど、大事なのは苗と苗の感覚が近すぎないこと

間隔が狭すぎてしまうと、うまく育たない可能性があるので気をつけたいポイント

植え穴にたっぷり水を注ぎ、水が引いたら植え穴に苗を入れて両手で土を寄せて周りを軽く抑える

最後に水を注いだら、ひととおりの作業は終了

IMG_1697.jpg

そして風で苗が振り回されて折れないよう、仮支柱を建てておくことも大事

植えた後の水やりは、基本的に毎日午前中に1回を心がけること

育ててから2~3週間で菜用培養土の中にあった養分を使い切り、栄養が足りなくなってくるので肥料を土の表面に撒いてあげる

※肥料は強い刺激になるので、必要最低限で十分

写真は茄子になるけど、花が咲いてきたんでここまでくれば収穫までもう少し!!

最後に今回初めて家庭菜園に挑戦してみたが、土との触れ合いも楽しいもので良い経験にもなったと思う

これから家庭菜園を始めたい人に、なにかしらの参考になってくれれば幸いです


スポンサーリンク




スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク