これだけはやっておきたいバイクの盗難対策


バイクの盗難対策について書いていきます

バイクは車と違って簡単に運べるので、今まで窃盗の被害にあった人も実際にいるかもしれない。。。

バイクの盗難件数は年間1万件を超えるほどで、その盗難にあった人の多くが盗難対策をせずに被害にあっている

ハンドルロックだけでは防犯対策にはならないし、窃盗団に狙われたら数分でバイクが盗まれてしまう

そのことを踏まえると、盗難対策をしっかりすれば防げた被害もあったはず

幸いなことに自分はまだ盗難にあったことはないが、常日頃心掛けていることを紹介します

IMG_1706.jpg

盗難対策として車種が特定できないバイクカバーを使用する

ガレージで保管するのが一番良いが、賃貸や持ち家でもそんな設備がないって人は自分も含めて多いと思う

そこでバイクカバーでしっかり車体を隠し、車種の特定を防ぐことでリスク回避にもつながる

バイクカバーは汚れから車体を守るだけでなく、防犯からも守ってくれる重要アイテム

IMG_1705.jpg

バイクカバーとチェーンロックを使用して盗難リスク削減

バイクカバーと合わせて使用することで、窃盗団はかなり嫌います

各社から色々チェーンロックが販売されているが、しっかりとした物を選ぶことが重要

安価な自転車用はあってないようなものだし、やはり簡単に切断されてしまう

なるべく太くて切断されにくい強固なものを選らび、柵や柱に連結させることで盗むことも難しくなります

IMG_0577.jpg

では実際にバイクをカバーを付けずに駐車しておくと、物置の裏でも写真の通り非常に目立つ

ここでバイクカバーとチェーンロックを使用して盗まれない環境を作ると

IMG_1666.jpg

車種の特定が出来ないし、盗難防止用パイプにチェーンロックを組み合わせて防犯対策

そしてバイクの前に車を駐車しておくことで、窃盗団にこのバイクを盗るのは面倒くさいと思わせるのもひとつの手段

このようにバイクを盗むのが面倒くさい環境を作るだけでも、盗難のリスクは大幅に激減するはず

今回は代表的なバイクカバーとチェーンロックの防犯対策を紹介したが、バイク用品店に行けばたくさんの防犯グッズが揃っている

自分の愛車をしっかり守り、大事に乗っていきましょう!!

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク