リターンライダーが峠で膝擦りに挑戦!!


バイク乗りなら誰しもが憧れるテクニックの膝擦り

「ワインディングの基本テクニック」について前回書いたが、膝擦り自体はそんなに難しいことではない

もっともそれはバイクの基本的な操作が出来ているからこそ言えるセリフ

膝を擦るメリットはバイクの限界を知ることができ、ライダー自身がどれくらいバンクさせているのか判断できる高性能センサー

膝を擦ることでバンク角、バイクの状態が把握できるようになるのはやはり大きい

では具体的に練習法はどうすればいいの??

ってことになってくるが、順を追って説明していきます

効率の良い練習方法は定常旋回

膝擦りの練習にはサーキットがベストだが、走行時間が限られたサーキットでは集中できなくなってしまうケースがある

そこで広く安全が確保された場所での定常旋回がオススメ

基本的に一般道ではリーンウィズが主流となり、ほとんどのライダーが多く使っているテクニック

この練習法でも最初はリーンウィズ走らせ、バンク角を深めないことが重要

そして徐々にバンク角を増やしていき、慣れてきたら8の字で旋回

これによってアクセルのオンオフの操作が身に付き、荷重移動のテクニックも習得

膝擦りは小排気量のバイクで練習

大排気量のビッグバイクは敷居が高いし、単純に路面との距離が遠いので膝を擦りにくい

自分は小排気量から大排気量のバイクに徐々にステップアップしていったが、やはり膝を擦りやすいのは小排気量のバイク

路面との距離も近く、気負わず安心して膝擦りの練習ができるはず

またビッグバイクと違い、多少ラフに扱ってもリカバリーできる部分が大きい

膝擦りのフォームと早めのブレーキング

無理に膝を出すと人間の骨格上開かないし、上体ごとイン側に落ちるのでバイクにしがみつく格好に

マシンコントロールもしにくく、デメリットでしかない。。。

フォームは思いっきりイン側に落とし込み、膝は斜め前方に出してシート後ろに体重を載せるイメージ

限界までブレーキングすると膝擦りに集中できないし、早めのブレーキングで荷重移動を意識

安全マージンをしっかり取り、車速を調整してスムーズなコーナーリングを心がける

IMG_E0058.JPG

実際にハングオフでバイクを走らせてみたが、やはり見通しが効かない公道で膝を擦るのはリスクが伴う

サーキットでこそ本領発揮するテクニックで、公道ではリーンウィズが安全に走らせられる

※ネイキッドバイクではバンク角が浅いため、膝を擦る前にバンクセンサーが擦ってしまうのでバックステップが必須

最後にライディングスクールやサーキット走行でスキルを身に着けることが、安全に走らせることの第一歩だと思うしぜひとも活用して欲しい

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク