バイクのテールランプ交換


自動車に比べて車体が小さいバイクのテールライトは、自分の場所を知らせるという大きな役割を持っている

IMG_0310.jpg

後続車に知らせるテールライトは常時点灯しており、夜間などでは標識灯にもなる

ブレーキをかけると点灯するストップランプがあるが、どちらも危険回避する意味でおろそかにできない重要な部分

テールライトが点いてない状態で夜間走行するのは大変危険だし、最悪後続車が自分のバイクに気づかずに衝突してしまう可能性も考えられる

また警察に見つかってしまうと「整備不良尾灯等違反」で切符を切られ、反則金も6,000円と本来払わなくてもいいお金なのに大きな出費になってしまう。。。

そんなくだらないことでお金を払うのは勿体ないし、大事にしているバイクだからこそ日頃から点検して安全に乗ってほしいと思う

点検自体も乗車したまま出来るし、さほど時間もかからないので走行前にぜひとも実践してほしい

IMG_0312.jpg

そして本題のテールランプの交換となるが、自分が乗っているバイクは2000年モデルの「ドゥカティ MONSTER(モンスター)900」

写真を見てもらえばわかると思うが経年劣化、もしくは振動でテールライトのネジ部分が破損している

本体ごとの交換となるが、新品部品だと5,000円以上と痛い出費になってしまう

個人的にもやはり部品代がネックだし、こういう時はオークションを活用してみるのもいいかもしれない

IMG_0309.jpg

「ヤフオク!」を利用することで、部品代は300円と安く落札することができた

まあ送料の方が高くついたが、それでも1,500円程の出費で抑えられたのは大きなメリット

交換自体もさほど難しい作業はなく、止めネジや配線を外して元通りに戻すだけで交換自体は簡単にできるはず

店に委託すると1,000~2,000円前後かかるので、これを機に自分でやってみてはいかがでしょうか??

バルブ交換もテールライトカバーのネジを緩めて外し、バルブを交換するだけの作業なので気負わず簡単に出来るはず

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク