初心者必見!! バイクのヘッドライトバルブ交換


ヘッドライトバルブを定期的に交換する人は少ないと思うが、球切れが起こってもしっかり交換できるようになっておいた方がいい

遠くにツーリングに行く際は必要最低限の工具はもちろん、スペアバルブを持って行けば球切れが起こっても対応できるはず

ヘッドライトの点検はハイ&ローを切り替えて、どちらかひとつが切れていればまず間違いなく球が切れている

両方とも点灯しない場合は、ヒューズが切れてないかを確認

またまれに経年劣化や振動、レギュレーター不良が原因でフィラメントが断線することも考えられる

IMG_0455.jpg

バイクのヘッドライトバルブは純正でも数多く採用されているハロゲン、最近ではLEDやHIDも多く見かけるようになった

今回選んだのは2輪車用電球専門でお馴染み

「M&Hハロゲンヘッドライトバルブ」

リーズナブルな値段で買えるし、車種毎にしっかりラインナップされているので選択肢には困らないはず

IMG_0456.jpg

ネイキッドタイプの丸形ライトの場合は、メッキリングのそばにあるネジを外すことから作業開始

※カウル付きのバイクやスクーターは外装を外す必要もある

IMG_0457.jpg

ネジを外してヘッドライトを持ち上げながら、手前に引くことでロックが外れる

IMG_0459.jpg

カプラーを外したら、バルブを抑えているバネを外すことで取り外し可能

古いバルブから新しいバルブに交換する作業に入るが、正しい向きに装着しないとハマらない

切り込みを合わせるよう装着し、バネで固定してカプラーを取り付けたら交換できる

注意点としてヘッドライトバルブのガラス部分は絶対に触れないこと

指先の油脂がガラス部に移り、その油脂が焦げて光量低下を招くばかりか最悪の場合破裂する恐れがある

それなんで万が一触れてしまった場合は、洗剤等で油脂部分を洗い流しておくことが大事

IMG_0460.jpg

カプラーを装着した時点で点灯確認しておくと、ライトが点灯しななかった場合のトラブル対処も容易に行える

ヘッドライトバルブ交換の工賃はショップに頼むと、1,000~2,000円くらいとそんなに高くはない

だが自分で交換しても時間は30分とかからないし、拍子抜けするほどに簡単に交換できるはず

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク