バイクのプラグ交換とメンテナンス方法


スパークプラグはバイクのエンジンにとって欠かせない役割を持っている

エンジンはガソリンと空気の混合気が燃焼(爆発)することで動いており、この混合気に火花を飛ばして爆発させているのがスパークプラグ

この火花というのがバイクエンジンを動かすために必要なエネルギーを生み出しており、もちろん火花が飛ばなければエンジンは動かない

スパークプラグが摩耗してくると、どういった症状が起こるのか

電極の消耗によりエンジンのかかりが悪くなり、走行時のトラブルの可能性が高まる

カーボン付着による放電によって、エンジンの吹けが悪くなる

異常燃焼(プレイグニッション)でプラグの電極が溶け、本来の働きが不可能になってしまう

プラグによる点火がうまくいかなく、燃焼不良でアフターファイヤーが起こってしまうことが挙げられる

様々な要因が考えられるがこういった症状が出てきたら、まずはプラグ交換を推奨する

一般的なスパークプラグの寿命

プラグの寿命は電極の角が取れて、丸みを帯びてきたら交換するのが基本

一般的な標準プラグは3,000~5,000km

イリジウムプラグは5,000km前後で交換するのが目安となってくる

自動車に比べてみると交換頻度は多いが、バイクの場合は高回転を多用するので摩耗もそれだけ早い

ただこの交換頻度もあくまでメーカー推奨なだけで使用環境にもよるが、相当無茶な運転をしない限りは1万km毎の交換でも十分だと思う

※2サイクルエンジンに関して言えば3,000km毎に交換しないと、エンジンの調子が悪くなるので注意が必要

バイクのプラグ交換とメンテナンス方法

最近のインジェクションバイクを採用したエンジンは、キャブレター車のように神経質にならなくても済むようになった

電子制御が進みプラグの点検も以前ほど頻繁にチェックすることもなくなり、エンジンの調子を探ることも不要になっている

しかしプラグリーク(漏電)による失火は現在も起こりえるトラブルで、異常を感じたらプラグを確認するのは今も昔も変わらない

IMG_2910.jpg

「NGK イリジウムIXプラグ」

イリジウム合金を採用した極細系中心電極により電界強度に強く、放電特性を飛躍的に向上

定価は1700円(税別)と普通のプラグより若干高いが始動性、アイドリングの安定、燃焼効率の向上が期待できるプラグ

IMG_2954.jpg

まずはプラグコード先端にあるプラグキャップを指先でつまみ、引き抜くことで取り外しが可能

※車種によっては工具が入らないのでタンク、カウル、エアクリーナーボックスの脱着が必要

IMG_2958.jpg

プラグキャップは走行中に跳ね上げた砂や小石、雨水などがプラグ穴に入り込まない様にしている役割がある

エンジン内部(シリンダー)にゴミが入らないように、プラグを取り外す前にエアダスターでプラグ周辺を清掃

※エアダスターはホームセンターなどで購入可能

IMG_2961.jpg
IMG_2965.jpg

車載工具でもプラグを取り外すことが出来るが、作業性が良いマグネットタイプをオススメする

プラグを取り出して状態をチェックするが、カーボンが付着しているくらいで清掃すればまだ使えるコンディション

この場合はプラグクリーナー使い、ナイロン製ブラシでカーボンを落として清掃を実施する

丸くなった中心電極はサンドペーパーを入れて磨き、エッジ(角)を立てるように調整

ただプラグ自体そんなに高いパーツでもないし、調整する手間を考えると交換すればまず間違いないはず

IMG_2967.jpg

新しいプラグを組み付けていくがまずは仮締めを行い、1/3~1/4程度締め付ければ問題ない

注意点として交換に慣れてない人は、最初はプラグレンチを使わず指で締めていくこと

斜めに入ったままプラグレンチで締め込んでいくと、最悪プラグがねじ切れてしまいエンジンヘッドごと交換になってしまう

最後にプラグ交換自体はさほど難しい作業ではないが、もし自信がない人はショップに委託するのをオススメする

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク