行列が出来る人気店の「自家製麺 くろ松」


群馬県高崎市にある「自家製麺 くろ松」

754568767.jpg

住所 群馬県高崎市柳川町9-5
電話 027-388-0309
営業時間 11:30~14:30(売切れ次第閉店)
定休日 月曜日(公式Twitterを確認)

店主は高崎市にある「なかじま」の一杯に感銘を受け、その憧れの味を目指して東京目黒の名店、「志那そば かづ屋」で修行した経歴の持ち主

有名店で修行したにも関わらず独自の味を広げるため、他店でも修行を重ねたのち独立

ちなみに店名のくろ松は、群馬県の県木に由来する



最寄りの高崎駅からは徒歩で15分ほどの場所にあるが、駐車場がないので近隣のコインパーキングを利用する必要がある

平日にもかかわらず店の中はすでに満席、店の外にも順番待ちのお客さんで賑わいを見せていた人気の店

ただ、店内はカウンターが10席のみとなるので、若干窮屈な印象を受けた

IMG_4450 (2).jpg

看板メニューの中華そばはトッピングの違いで松、竹、梅に分かれており、白醤油・醤油からお好みで選択可能

※週替わりで細麺・平打ち麺が楽しめる

他にも特製白醤油つけ麺も注文出来るが、値段が1,100円と少々高いのがネック

各種トッピングはおまかせ三種盛り、香味ワンタン皿、メンマ皿(特大)、味付け卵(純米吟醸酒漬け込み式)の4種類

ご飯物はうに醤油漬け卵黄ごはん、土釜で炊いた銀シャリの2種類

メニュー自体はシンプルながらも、店主のこだわりが感じられる構成


スポンサーリンク


IMG_4452 (2).jpgIMG_4453.jpg

「(竹)中華そば 醤油 750円」

丁寧な仕事ぶりがうかがえるラーメンの具はチャーシュー、メンマ、三つ葉の組み合わせ

低温調理されたチャーシューは、スライサーで薄くスライスされている

口当たりも滑らかでしっとりと柔らかく、上品な味わいを演出

極太メンマも食感が十二分に感じられ、三つ葉もプラスでアクセントに

IMG_4451 (3).jpg

化学調味料を一切使用しないスープは魚介系にひき肉を加え、コンソメスープの手法でクリアな味わいに仕上げられている

出汁の旨味と風味が上手いこと調和され、穏やかな主張で飲みやすいスープ

やや淡い印象で控えめながらも、万人に愛されるあっさりとしたスープでおいしい

IMG_4456.jpg

全粒粉配合の自家製ストレート麺は、北海道産の「はるゆたか」、「はるのいぶき」をメインに4種類をブレンド

喉越しを重視するために一日寝かせてから使用しており、もっちり食感でツルツルっと喉越しが非常に心地良い

滑らかさとしなやかさを兼ね備えながらも、スープとの絡みも絶妙でおいしい

最後に初めて訪問する人には白醤油がオススメで、やさしい味わいで旨味も強く堪能出来るはず

おいしくご馳走様でした

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク