愛知県発の「博多ラーメン 鶴亀堂」


群馬県太田市にある「博多ラーメン 鶴亀堂」

ytre6556433442.jpg

住所 群馬県太田市新井町532-7
電話 0276-49-5186
時間 11:30~14:45
   17:00~23:45
定休日 年中無休

鶴亀堂は主に愛知県を中心にチェーン展開しており、鶴国産豚骨のみを使用した濃厚な旨みが自慢の純豚骨博多ラーメン

ラーメン一杯に対しての豚骨使用量は、全国トップクラス

脂の多いこってり系ではなく、豚骨密度の高い超濃厚スープが特徴的な店


<
店の場所は県道323号線沿いにあり、最寄りの太田駅からも徒歩で15分ほどとアクセスしやすい

同一の資本が運営している「焼鳥の扇屋」と隣接しており、共有駐車スペースもかなり広いので訪問時にはまず困らないはず

店内はカウンターが約20席、奥にはテーブル席が1卓

席数こそ十分完備しているが主にカウンター席となるので、家族連れには若干勧めにくい面もある

20210702_tsurukamedo.jpg

ラーメンは博多豚骨を基本に黒醬油、塩、味噌の3種類から選べ、各種トッピングも豊富なラインナップ

それにお好みで麺の硬さも選べ、なま・ハリガネ・オススメのバリ・カタ・普通・やわの5段階から

※替え玉はプラス120円、ハーフは70円で注文可能

サイドメニューは餃子、半チャーハン、チャーシュー丼、辛子明太子ごはんの4種類


スポンサーリンク


IMG_4512 (2).jpgIMG_4514.jpg

一番人気の「博多とんこつ全部のせ(770円)」

具はチャーシュー、味玉、メンマ、キクラゲ、薬味ネギの組み合わせ

豚バラロールタイプのシャーシューは若干臭味が気になったが、しっかりとした噛み応えに味付けも程よい仕上がり

味玉の黄身自体は柔らかったけれども白身部分が固く、食感に関してはイマイチで口当たりが悪かった

それでも枕木メンマは食感が楽しめたし、定番のキクラゲも相性抜群で十分なアクセントに

IMG_4515 (2).jpg

豚骨密度の高いクリーミーなスープは豚骨は、体に優しい天然素材を使用することにこだわっている

濃厚密度の高い豚骨スープとのことで個人的に気構えたが、意外なほどあっさりと飲めるスープでクセもなく万人向け

濃厚さは確かに感じ取れたものの、旨味にコクと控えめとなっており、スープの飲み味に関しては少々物足りなくも感じた

IMG_4517 (2).jpg

低加水のストレート極細麺(茹で加減普通)は歯切れの良い食感が楽しめ、コシもなかなかの仕上がり

スープとの絡みもまずまずとなり、全体的なバランスも悪くない

それに加えて卓上トッピングも十分揃っており、替え玉のタレ、ニンニク、すりごま、辣油、紅生姜、高菜と自分好みに味変出来るのも魅力的

最後にチェーン店としてはそれなりの完成度を保っているが、やはり平均的な味で及第点といったところ

ご馳走様でした

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク