自分でするバイクのエンジンオイル交換


エンジンオイルの交換は車はもちろん、バイクにとっても性能維持に欠かせない重要なメンテナンス

主なエンジンオイルの働きとして潤滑、洗浄、冷却、密封、防錆と様々な役割を持っている

仮にオイルを交換しないまま走り続けると、シリンダーやコンロッド、バルブステムが磨耗してしまうことが考えられる

もちろん多少焼き付いても今のエンジンは頑丈で、多少のことなら走り続けることは可能でもある

ただ、燃費の悪化や本来のパワーが発揮できない、オイル消費量が増えたりといったデメリットの方が多い

それにバイクのオイルはミッションの潤滑も兼ねており、車に比べて高回転まで回すことが多いのでそれだけ負荷がかかっている

エンジンオイルの交換時期

メーカーのホームページを見てみると、エンジンオイルの交換時期は6,000km~10,000km、もしくは推奨交換時期も1年と長い期間となっている

この交換時期については間違いではないが、メーカーが言っているのはあくまで壊れないということ

バイクのコンディションを良い状態にするには、もっと早いスパンでの交換が必要になってくる

その理由として、エンジンオイルは使用するにつれて劣化が進んでいき、本来の性能が発揮できなくなってしまうからである

通常の走行・使用環境であればメーカー指定のオイルで間違いないし、交換時期の目安として3,000㎞~5,000㎞毎の交換を実施することで良いコンディションが保てるはず

※あまり乗らない人でも、半年に1回は交換しておくことが大事である

エンジンオイルの交換方法

IMG_5207 (2).jpg

交換する前に準備しておきたいのはエンジンオイル、廃油ボックス、メガネレンチ、ヘックスレンチ、ソケットレンチ、ゴム手袋

IMG_520999.jpg

エンジンが冷えている場合は暖機運転しておくことで、オイルの粘度が柔らかくなり、スムーズに作業が行える

ホームセンターやバイク用品店で購入出来る廃油ボックスを下に敷き、10㎜のヘックスレンチでドレンボルトを緩める

※オイルフィラーキャップを外しておくことで、オイルの抜けも早くなって効率的に作業が行える

IMG_52103223.jpg

IMG_5211.jpg

「ドゥカティ MONSTER900」はオイルストレーナーがあるので、14mmのソケットレンチで取り外す

パーツクリーナーで清掃して、アウターキャップのガスケットは新品と交換しておく

IMG_5214.jpg

磁石付きのドレンボルトは清掃して鉄粉を取り除き、パッキンも新品(最低でも2回に1度)に交換しておくことが望ましい

※パッキン、ガスケット類はバイク用品店でも購入可能

古いオイルが抜け切ったのを確認したら、ドレンボルトを締めていく

注意点として最初は手で締めていき、最後は工具を使って確実に締める

IMG_5215.jpgIMG_5216.jpg

オイルフィラーキャップを開けて、エンジンオイルがこぼれないように注意しながら注入していく

※オイルジョッキ、ジョウゴを使用することで作業も楽に行える

バイクの規定量の2/3程度オイルを入れたらバイクを垂直に立て、点検窓からオイル量を確認する

オイル量が足りない場合は、少しずつ入れていくこと

IMG_5217.jpg

オイルが規定量入ったのを確認したら、オイルフィラーキャップを締めた後、エンジンを一度始動させてからオイル量を確認する

※少なければエンジンオイルを補充し、規定量まで入れること

最後にエンジンオイル交換自体はさほど難しくないし、定期的に交換することで愛車も長持ちするはず

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク