青竹手打ちラーメン いなみ


栃木県足利市にある「青竹手打ちラーメン いなみ」

IMG_6622 (2).jpgIMG_6621 (2).jpg

住所 栃木県足利市堀込町2465-1
電話 0284-22-7353
営業時間 11:00~14:00
     17:30~20:30
定休日 水曜・木曜日

店主は有名店でもある「やまや食堂」の分店で修行した経歴の持ち主で、「手打ちらぁめん 一龍」が営まれていた跡地にて2018年7月にオープン。

外観同様に店内は白を基調とした造りに改装されて清潔感があり、平日にも関わらずたくさんのお客さんで賑いを見せていた人気の店。



東武伊勢崎線東武和泉駅から車で5分ほどの場所にあり、店舗前と店舗裏にも駐車場があるので比較的訪問しやすい。

店内はカウンター4席、テーブル10席、小上がりの座敷が6席と十分なスペースを確保している。

IMG_6625 (2).jpg

定番ラーメンは醤油・塩・味噌(夜限定)の三本柱で、大盛りはプラス120円増しで注文出来る。

他にも野菜たっぷりの塩タンメン、数量限定でワンタンメンも注文可能。

プラストッピングは味玉、白ネギ、辛ネギ、ニンニク、メンマ、ワカメと種類豊富。

※平日限定のランチセットメニューは、リーズナブルな値段で注文出来るのでオススメ。

サイメニューは餃子、ミニチャーシュー丼、ミニチャーマヨ丼、ミニカレーライスの4種類から選べ、アルコールを含むドリンク類も完備。


スポンサーリンク


IMG_6639 (2).jpgIMG_6640.jpg

「ラーメン(730円)」

具はチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、ネギの組み合わせ。

南洲ナチュラルポークの豚バラを使用したチャーシューは、臭みは皆無で脂身部分が柔らかくトロけて、味付けもあっさりとして食べやすい。

メンマと薬味ネギの食感もしっかりアクセントになっており、箸休めとしての役割を担っている。

具自体ははシンプルな組み合わせだが、非常にバランス良くまとまっているようにも感じた。

IMG_6643 (2).jpg

鶏ガラ・ゲンコツ・背ガラなどをじっくりと煮込み、3種類の醤油を合わせたタレを使うことであっさりとしたスープに仕上げている。

あっさりとした味わいながらも動物系のコクも十分感じられ、素材の旨味が程よく出ており最後まで飽きずに飲める。

それに醤油ダレの風味も口の中に広がり、表層の油も少なめなので後味も悪くない。

スープ全体の主張が穏やかなのもあり飲みやすく、万人にオススメ出来るスープでおいしい。

IMG_6645 (2).jpg

青竹手打ちの自家製手打ち麺は、滑らかな口当たりが特徴的な平打ち形状の麺。

若干柔らかく茹で上げられているのでコシは少々弱いが、スープとの絡みも上々で小麦の風味もしっかりと感じられる。

IMG_6636 (2).jpg

「餃子(3個入り270円)」

佐野系の餃子ではやや小ぶりとなるが、皮はパリッとしてニンニクも程よく効いている。

餡も肉の旨味に野菜の食感と十分感じられるが、やはり小ぶりなので少々食べ味に関しては物足りなく感じてしまった。

それでも足利市でレベルの高い佐野系ラーメンが味わえるし、人気店なのも納得の味でおいしくご馳走様でした。

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク