クロスバイクを始めよう!!


今回は初心者向けにクロスバイクについて書いていきます。

スポーツタイプの自転車を大きく分けるとクロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクの3つになる。

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間的存在で、街乗りに適したバイクで通勤や通学にも便利。

マウンテン譲りのフラットなハンドルは操作性を高め、ロード譲りの軽量フレームと細めのタイヤは舗装路での軽快な走りが魅力。

日常のちょっとした足としても気軽に乗ることが出来るし、休日の新しい楽しみにつながる趣味性の高い自転車。

IMG_6190 (3).jpg

ショップの選び方

まずは本や雑誌、ネットなどで情報を収集することが大事。

クロスバイクやロードバイクは用途や目的などによって細分化されており、ショップに行ってただ闇雲に「クロスバイクをください」とだけ言っても、ショップの店員を困らせてしまうことになってしまう。

どんなタイプの自転車が欲しいかをあらかじめ決めておくことで、自ずと購入すべき自転車のタイプが見えてくるはず。

自転車を購入するにあたりショップ選びも重要となってくるが、昨今のネットが普及した現代では通販で買うのがやはり一番安い。

それでも実際に乗り続けていくならメンテナンスは必須となり、急なハプニングが起きた場合も店が近ければ安心出来る部分もある。

また、パーツのカスタマイズや部位の微調整、修理を頼むにしても快く引き受けてくれるはず。

IMG_6200 (2).jpg

クロスバイクの選び方

実際購入する前に自転車に跨ったりすることも重要で、購入した後でも微調整で済むのでので大きく変える必要はない。

予算に見合った車種選びも重要な部分で、一見すると同じような自転車でもコンポーネントのランクによっても値段は大きく変わってくる。

ロードバイクが最低でも10万円前後と高く感じるが、それがクロスバイクなら5万円前後と手が届きやすい価格帯。

クロスバイクを選ぶ基準にしても色々なメーカーがあり、乗り心地重視のタイプからスピード重視のタイプと幅広くラインナップされている。

ただ、自転車に乗る上で最も大切なのは、自分に合ったサイズの自転車に乗るということ。

どんなに性能が良い自転車でも体に合っていなければ、走っているうちに苦痛になってくる。

自分の欲しい自転車に実際に跨ってみることで適正か判断出来るし、購入してからも細かい微調整でカラダにフィットするはず。

最後に予算についてあらためて書くが、クロスバイク初心者なら最初は安価なモデルで良いと個人的に思う。

自分を含めて初心者が高性能なモデルを買って乗っても、そこまで値段ほどの体感的な差はない。

それなら最初は安価なクロスバイクから始めて自転車の楽しさを体感し、徐々にステップアップしていくことが望ましい。


スポンサーリンク




スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク