いのちノ中華そば 龍ノ谷


群馬県太田市にある「いのちノ中華そば 龍ノ谷」

IMG_6894 (4).jpg

住所 群馬県太田市藪塚町1179
電話 非公開
営業時間 11:00~15:00
     18:00~21:00(昼夜共にスープ切れ時終了)
定休日 木曜日

2020年末に、地元のファンに惜しまれつつ閉店した「麺屋椿丸」

その人気ラーメン店でもあった椿丸の店主が、新たに再始動して2021年9月にオープン。日々行列が出来る店としても個人的に気になっていたが、開店してからまだ間もない時間帯にも関わらず、すでに店内は満席で多くのお客さんで賑いを見せていた。



店の場所は群馬県道78号太田大間々線沿いに面しており、最寄りの藪塚駅からは徒歩で10分ほどの場所に。

駐車場は店舗前に3台、店舗裏にある第1駐車場に10台、少し離れた場所の第2駐車場には、8台停めれる駐車スペースを確保している。

店内は明るいカジュアルな雰囲気でカウンターが8席、4人掛けのテーブル席が1卓のみ。それもあって席数の不足を感じてしまい、やや回転率の悪さが目立ってしまった部分。

IMG_6900 (2).jpg

中華そばは生醤油と五塩の2種類。各種トッピングは全部のせ(チャーシュー3種、味玉、メンマ、海老豚ワンタン2ヶ、海苔)、海老豚ワンタン、味玉から選べ、煮干し和え玉も注文可能。

サイドメニューは自家製四川式水餃子、チャーシューご飯、釜揚げしらすご飯、他にも限定メニューも楽しめる。


スポンサーリンク


IMG_6905 (2).jpgIMG_6907.jpg

「中華そば 生醤油(800円)」

丁寧な仕事ぶりがうかがえる彩り豊かな具はチャーシュー、メンマ、海苔、三つ葉、ネギの組み合わせ。

低温調理されたもち麦豚のシャーシューはしっとりと柔らかく、味付けはもちろん程よいレア感で食べやすい一品。穂先メンマもコリコリっとした食感が心地良く、全体的に上手くまとまっているようにも感じられた。

IMG_6909.jpg

スープは店主こだわりの鶏をふんだんに使用し、最上級鰹節の本枯本節二年物、北海道産羅臼昆布と宗田節を合わせて出汁を取っている。

生醬油の返しには和歌山・小豆島から取り寄せた取り寄せた生醤油に、地元群馬産の生醤油をブレンド。それに再仕込み醬油と鳥賊のナンプラーを加えてコクをプラス。

スープは生醤油独特の風味がフワッと口の中に広がり、出汁の主張が穏やかなのもあり非常に飲みやすい味に仕上がっている。ただ、個人的には旨味とコクに関して若干不足を感じたが、老若男女問わず万人に飲みやすいスープではないだろうか。

IMG_6912 (2).jpg

北海道産ゆめちから、春よ恋、きたほなみの小麦を合わせた中細ストレート麺。滑らかとしなやかさを合わせ持つ麵で、あっさりとしたスープの味わいと相まって上手くまとまっている。

それでもやはり麺にスープとインパクトに欠けており、もう少し味の主張が欲しかったところでもある。

ご馳走様でした。

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク