バイクの激安バッテリーは買わない方がいい!?始動不良の原因はコレだった!!


車やバイクのスターター(セルモーター)のトラブルは、バッテリーの電圧低下が原因となることが多い。ライダーにとって消耗品のバッテリーは、安く交換したいのが心情でもある。

最近では純正品以外に数多くメーカーから出回っているが、あまりにも安すぎるバッテリーは性能が心配という人も多いはず。個人的にも不安はあったものの試しに購入。実際に激安バッテリーに交換して1年ほど使用。

使い始めたばかりの頃はセルモーターの始動も問題なく行えたが、後半になるとバッテリーの電圧が弱くなってしまい、全く使い物にならなくなってしまった。こんなに早くバッテリーがダメになるとは思いもしなかったし、それにバッテリーを充電した次の日には、セルモーターが回らないという事態に発展。

IMG_1049q.jpg

電圧を測ってみても明らかに低い値を示しており、バッテリーの品質に当たり外れがあるにしても、とてもじゃないけど納得出来ない。

また、価格面に対してGSユアサ社の純正バッテリーは12,000円前後で買えるが、某メーカーの激安バッテリーは4,000円前後と安価な値段で購入出来る。購入した当初は1年周期で交換しても割安だと感じたけれども、品質に関して保証があってもハッキリ言ってオススメは出来ない。

最後にバッテリーの価格と性能はやはり比例すると感じた部分でもあり、仮にツーリングや遠出をする時に正常にエンジンが始動しないと、不安ばかりが先行してしまって楽しめないと思う。バッテリーを軽視する人もいるかもしれないが、しっかりメンテナンスをして、快適なバイクライフを送って欲しい。

この記事へのコメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク