洒落た雰囲気で居心地の良い「蕎麦処 鏑屋 響」


今回紹介するのは高崎から鏑川を越え、藤岡に入ってすぐの場所にある「蕎麦処 鏑屋 響」

IMG_9157 (2).jpg

洒落た外観が印象的な佇まいはカフェと見間違えてしまうような蕎麦屋で、2008年12月にオープンした店。国産にこだわった二八蕎麦を提供しており、蕎麦屋にしては珍しいコース料理も堪能できる。


スポンサーリンク


アクセス




住所 群馬県藤岡市上落合365-39
電話 0274-50-4300
営業時間 11:30~14:30
     17:30~20:00(蕎麦が終わり次第終了)
定休日 火曜日・月曜日の夜の部

最寄りの上信電鉄山名駅、西山名駅から徒歩で20分とアクセスしやすく、店舗前の駐車場は14台停めれるスペースを確保している。

IMG_9149.jpg

内装は上野村の木工作家が制作しており、天板に桜や栗など数種類の木材を使用したテーブル、椅子で調度品をコーディネート。壁土には揚げ物の匂いを吸収するように火山灰を混ぜていたりと、快適に蕎麦を満喫できる心配りが隅々まで行き届いている。

また、平日にも関わらずたくさんのお客さんで賑いを見せており、店内もテーブル20席に座敷16席と十分な広さで、和モダンで落ち着いた雰囲気の店内は居心地の良さも感じられる。

お品書き


IMG_9138 (2).jpg

冷たい蕎麦はせいろ(880円)、天付きせいろ(1,650円)、鴨汁せいろ(1,540円)、つけとろせいろ(1,100円)、ちらし蕎麦(1,430円)、胡桃胡麻汁せいろ(990円)が選べ、温かい蕎麦は天ぷら蕎麦(1,650円)、鴨南蕎麦(1,650円)、にしん蕎麦(1,430円)、とろろ蕎麦(1,210円)、かけ蕎麦(880円)が注文可能。

蕎麦前(夜の部のみ)は蕎麦粉を吉野葛で滑らかに仕上げた蕎麦豆腐(440円)、西京味噌と蕎麦の実を香ばしく焼き上げた蕎麦味噌(440円)、そばつゆでやわらかく煮込んだ鴨の柳川風(1,210円)の3種類から。

昼と夜で若干異なるコース料理の蕎麦遊膳は、値段こそ少々割高になるが充実したセット内容(先付け・蕎麦点心・天ぷら・せいろ・デザートなど)になっている。もちろんアルコールを含むドリンク類も完備しているので、メニュー構成に関しては不足ない。

せいろ 880円



IMG_9152 (2).jpg

北海道・長野・群馬県産の国産蕎麦粉を純手打ちで丁寧に仕上げたせいろは、風味にコシとまずまず満足出来るし、細切りなのもあってすっきりとした喉越しの良さが楽しめる。それに合わさるそばつゆは、鰹だしに返しを効かせたつゆとの相性も良く、全体的にもバランス良くまとまっているようにも感じられた。

付け合わせの漬物も程よい食感に塩加減で嬉しく、締めのそば湯と蕎麦の味を満喫出来るのではないだろうか。それにスタッフの対応も丁寧で、品数豊富で幅広い料理は店主のセンスも感じられる。

ご馳走様でした。

この記事へのコメント