先代からの味を継承した女性店主が営む「十割そば 風の庭」


群馬県伊勢崎市にある「十割そば 風の庭」は2007年9月に惜しまれつつ閉店したが、松田マヨネーズの創業者でもある故松田氏の娘さんが2020年7月に営業を再開。

IMG_9605 (2).jpg

ソーラーパネルに加えて当初は風車があり、風力発電に雨水利用などの自然エネルギーや、土に還る建物にもこだわった自然と共にある店。

先代の父が大切にしていた蕎麦屋を再開させるにあたり、一から蕎麦打ちを学び、茨城県筑西市の契約農家から仕入れた常陸秋そばを保存し、その日に使う分だけを石臼で自家製粉して、香り豊かな十割蕎麦を提供する。


スポンサーリンク


アクセス




住所 群馬県伊勢崎市境島村2603-5
電話 0270-71-6315
営業時間 11:30~14:30(蕎麦が終わり次第終了)
定休日 月曜、火曜、水曜日

群馬県からは利根川を渡り、県道258号線から少し入った場所にある店は、最寄りの境町駅から車で5分ほどでアクセス可能。駐車場は約10台ほど停めれるスペースを確保しているものの、人気店なのもあって若干窮屈な印象を受けた。

古民家風の外観が印象的な店内はテーブル12席、座敷5席とあまり広くはないが、店内も木を基調とした落ち着いた造りとあってゆっくりと食事が楽しめる。

お品書き


IMG_9597 (2).jpg

冷たい蕎麦はせいろそば(770円)、冷やしとろろそば(990円)、野菜の天ぷらの盛り合わせが付いた天せいろ(1,320円)の3種類から選べ、温かい蕎麦はかけそば(880円)、かけとろろそば(1,100円)、かき玉そば(1,100円)、天ぷらそば(1,320円)の他に季節限定そばも注文可能。

一品料理は玄米いなり(440円)、ネギの袋焼き(440円)、そばがき(605円)、揚げそばがき(715円)の4種類。日替わりで提供しているこだわりのスイーツは女性客には嬉しく、それに無農薬で栽培された野菜と様々な料理が楽しめるのも魅力である。

せいろそば 770円


IMG_9604 (2).jpg

茨城県筑西市の契約農家から仕入れた常陸秋そばを保存して選別、脱皮。先代が出会った特殊な石臼でその日に使う分だけを自家製粉して作られた十割蕎麦は風味豊かでコシも強く、噛み締めるたびに味わいが増しておいしい。そばつゆに関しても甘さに辛みと控えめではあるが蕎麦とも相性が良く、無農薬栽培された生山葵も蕎麦の味わいを引き立てている。

玄米いなり 440円


IMG_9602.jpg

自家製梅干し、又は漬物が付いた玄米いなりは、蕎麦の実が入っているのでヘルシーで食べやすい。ただ、やはり単品としての値段が高いので、割高に感じてしまったところでもある。それでも蕎麦の味としては個人的に好みであり、締めの蕎麦湯と最後までおいしくご馳走様でした。

この記事へのコメント