"バイク"の記事一覧

自分でするスクーターのベルト交換

通勤や通学、買い物にも気軽に乗れて頼れる便利なスクーター。 125㏄以下のスクーターは車両価格、燃費、任意保険の安さなど非常に経済的な乗り物である。 それでもタイヤ・ブレーキの摩耗の定期的な点検はもちろん、同様に重要視されるのがドライブベルトの劣化確認。 メーカーでも1~2万キロ毎の交換を推奨しており、ベル…

続きを読むread more

ワインディング走行時のブレーキングと倒し込みのコツ

ワインディングはスポーツ走行を楽しむのに適しているが、飛ばすことばかりに意識が向くと安全に走らせることが出来ない。 近年のバイクは運動性能が高く電子制御が進み、ABSやオートシフター、トラクションコントロールが標準装備になっているバイクも多く見受けられる。 以前ほどライダーの技量がそれほど左右されなくなったが、安全に走ら…

続きを読むread more

全国直営ネットワークでお馴染みのレッドバロン

全国直営ネットワークでお馴染みの「レッドバロン」 世界のオートバイを販売するレッドバロンは、年間販売台数98,000台もの販売力を誇っている お客様第一主義のもと、早く・安く・的確に整備することを基本に取り扱いメーカーを増やしてきた そして北海道から九州まで全国直営ネットワークをつくりあげ、ツーリング先のサ…

続きを読むread more

バイクの安定したライディングフォーム

バイクは車と違い、ライダーの技量が大きく左右する乗り物 もちろん免許を取ったらバイクを走らせることが出来るが、それは上手く走らせることとは違う コーナーを上手く、スムーズに駆け抜けたいと思うのは心情ではあるが、基本的なテクニックを身に着けてないと恐い思いをするだけで危険 バイクはセルフステアで曲がる乗り物で、多くの…

続きを読むread more

自分でするバイクのエンジンオイル交換

エンジンオイルの交換は車はもちろん、バイクにとっても性能維持に欠かせない重要なメンテナンス 主なエンジンオイルの働きとして潤滑、洗浄、冷却、密封、防錆と様々な役割を持っている 仮にオイルを交換しないまま走り続けると、シリンダーやコンロッド、バルブステムが磨耗してしまうことが考えられる もちろん多少焼き付いても今のエ…

続きを読むread more

近年のバイクのスポーツタイヤの性能を考察

バイクのタイヤは各メーカーから様々な種類が販売されているのもあり、自分の使用する環境で自由に選べるほどラインナップは充実している 以前にも書いたがタイヤは大きく分けてレース用タイヤ、ハイグリップタイヤ、スポーツタイヤ、ツーリングタイヤに分類される それに車の4本に対してバイクは前後に2本しかタイヤがないので、それほど重要…

続きを読むread more

バイクのユーザー車検について

バイクのユーザー車検について書いていきます 排気量が250㏄を超えるバイクの場合、道路運送車両法の規定によって2年に1度車検を行う必要がある ショップに任せる人が大半ではあると思うが、自分でユーザー車検を行うことで費用を安く抑えることが出来る ユーザー車検を行う前の準備 車検証、点検整備記録簿、自賠責保険証、…

続きを読むread more

ユーザー車検に必要なバイクの点検整備記録簿の書き方

排気量が250㏄を超えるバイクの場合、道路運送車両法の規定によって2年に1度車検を行う必要がある 車検の時期になると中型、もしくは大型バイクのユーザーは、車検に費用がかかってしまうのは仕方のないこと 近年では250㏄以下のバイクが、車検がないということで人気を集めている それでも車検のあるバイクでも自らユーザー車検…

続きを読むread more

通勤や通学にオススメ!!最新50ccスクーターの実力

今回は最新の50ccスクーターについて書いていきます 16歳になった時点で取れる原付免許は実技試験がなく、学科試験と講習のみで気軽に取得することが出来る 以前は2サイクルのレーサーレプリカ、スクーター、アメリカン、レトロ、オフロードと多種多様なラインナップで盛り上がりを見せていた それも1998年に自動車排出ガス規…

続きを読むread more

自分でするバイクのクラッチフルード交換

今回はバイクのクラッチフルード交換について 油圧式クラッチは時間とともに劣化が進み、エアを噛んでしまう恐れがある もしエアを噛んでしまった場合、最悪クラッチが切れなくなってしまい走行不能状態になってしまう 主な原因としてはクラッチフルードの劣化、ゴムパッキン、マスターシリンダーやレリーズシリンダーからのオイル漏れが…

続きを読むread more

スポンサーリンク
スポンサーリンク