"そば"の記事一覧

日本の名滝百選にも選ばれている吹割の滝で本格的な蕎麦が味わえる「十割そば 水石」

スポンサーリンク 群馬県沼田市にある「十割そば 水石(すいせき)」は、日本の名滝百選にも選ばれている吹割の滝からほど近い場所に蕎麦屋を営んでいる。 森の中に佇んでいる水石は知る人ぞ知る隠れ家的存在の店でこだわりの手打ち蕎麦が味わえ、落ち着いた空間で滝を眺めながらっくりと食事が楽しめることで、地元民はもちろん観光客…

続きを読むread more

行列が出来ることでも有名な赤城そば街道に店を構える「そば処 桑風庵 なかや本店」

赤城風ラインを赤城山腹まで進むと蕎麦屋が多く立ち並んでいるが、この蕎麦街道の中でも一際有名なのが「そば処 桑風庵 なかや本店」 威風堂々の門構えから暖簾をくぐるまで風情ある庭は四季を感じられ、古材を使用した古民家風の建物は落ち着いた雰囲気を醸し出している。また、群馬県は全国的にも有名な水沢うどんがあるが、レジャーを兼ねて遠…

続きを読むread more

草津温泉に向かう道中にある「蕎麦茶寮 nanakusa」

自然豊かな場所にある一軒家の蕎麦料理店の「蕎麦茶寮 nanakusa」 厳選した国産品や自家栽培のそばを石臼挽きで製粉し、地元の良質な水だけで打つ石挽き十割蕎麦や、地の利を生かした新鮮素材の蕎麦懐石が味わえる。また、草津温泉の道中にあるので多くの観光客が訪れ、夏には小川が流れる癒しのテラスでゆったりと食事が楽しめる。目次ア…

続きを読むread more

素人が手打ち蕎麦作りに挑戦!!

日本人にとって古くから親しまれているお馴染みの蕎麦。個人的にも蕎麦が好きなのでいろいろな店で食べ歩いているが、蕎麦を自分で打ってみたいという気持ちが強くなってきた。 もちろん素人なので、蕎麦屋で食べるような本格的な蕎麦は作れないが、それでもそこそこの蕎麦を作って食べたい。それもあっていろいろ手打ち蕎麦作りについて調べてみると、初心…

続きを読むread more

そば処 叶屋

今回は群馬県高崎市郊外にある、「そば処 叶屋」を紹介していきます。 蕎麦好きが高じて蕎麦屋になり29年、夫婦二人で切り盛りしている叶屋は十割蕎麦にこだわっており、北海道をはじめとする国産の厳選した玄蕎麦のみを使用。石臼挽きで自家製粉して個性ある生打ち粉蕎麦、粗挽き田舎蕎麦の2種類が楽しめる。目次アクセス店内の雰囲気お品書き…

続きを読むread more

合鴨に特化した蕎麦が楽しめるそば処 鴨亭

今回は群馬県館林市にある「そば処 鴨亭」を紹介していきます。 東京の老舗の上野にある名店の翁庵、有楽町更科で修業した味を受け継いだ店主が営んでいる。ロース、ヒレ、モモなど異なる部位が味わえる合鴨に特化した蕎麦が楽しめ、地元民からも評判で愛されている人気の店。目次アクセス店内の雰囲気お品書き一番人気のきざみ鴨せいろ ス…

続きを読むread more

創業から140年の歴史を誇る老舗 九一そば 第一立花

今回は地元では九一の愛称で知られる評判の「九一そば 第一立花」を紹介。 1879年(明治12年)に開業した創業140年の老舗は現店主の茂呂氏が4代目にあたり、当時は手打ちだったが、その後はそば打ち機を使うようになり出前も行っていたという。大正、昭和時代はそばといったら機械打ちが一般的で、なによりそば打ち機は高級品とされてい…

続きを読むread more

群馬県産の食材にこだわっている評判のそば処 あかふ

今回は群馬県利根郡昭和村にある「そば処 あかふ」を紹介していきます。 平成12年(2000年)に開業したあかふは一流旅館で和食の修行を積んだ店主が営み、現在は和食に精通した二代目店主の眞下氏が営んでいる。蕎麦は尾瀬の舞茸や沼田産のなめこ、大間々町で天明7年(1787年)から作られている天然醸造の醤油を使用と群馬県産の食材に…

続きを読むread more

福田元首相も足を運んだ老舗そば屋 真心庵 そばひろ

群馬県前橋市にある「真心庵 そばひろ」を紹介していきます。 1974年創業と50年ほどの歴史を誇るそばひろは自家製粉にこだわり、厳選された国内産の玄蕎麦を仕入れ石抜き、精米機を使った磨き、選別、殻抜きの工程をすべて同店で行っている。また、新そばの状態を保つため真空状態にして恒温高湿庫。その日に使う分だけを石臼で挽き、毎日手…

続きを読むread more

自然豊かな水上温泉郷に店を構えるそば処 くぼ田

今回は群馬県みなかみ町にある「そば処 くぼ田」を紹介していきます。 水上駅前にある地元民から評判のくぼ田は、テレビ番組で放映されたのもあり観光客からも高い人気を得ている。創業から50年を超える老舗は現在三代目の久保氏が営んでおり、東京の料理店やラーメン店で学んだ後に家業の蕎麦店を引き継いだ。 三代目として店を継いでか…

続きを読むread more